スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最古の金貨 「LYIDIA琥珀金貨」

ごきげんよう

世間は、ゴールデンウイークなんですね~
日々の雑事に追われて、すっかり更新が遅くなりました。
今回は「世界最古のリディア金貨」をご紹介します。

紀元前600年頃 リディア王国で作られました。
リディアは、今のトルコの一地方に位置しました。

この人類最古の金貨は、首都サルディスを流れる
バクトロス河畔から採取された天然の自然金である
「琥珀金=Electram」で作られました。

琥珀金= Electramで作られた小さな金貨、
その大きさは、ちょうど私の人差し指の爪ほどです。

そこに王の印である ライオンの頭部と、
その後ろから昇る太陽を打刻してあります。

リディア金貨


リディア

全てのコインの重量を同じにし、取引で使用する際に
一定の価値が有るという信用を得ました。

この1/3 S 金貨は、歩兵30日分の給料に相当する額面で
「羊が14頭買える価値」が有りました。

う~ん 羊さんが14頭と言われても
・・・イマイチ価値が分からないSHOKOですが、(^^ゞ
歩兵の約1か月分の給料となれば、価値がわかります。

人類最古の金貨にして最初の貨幣で有る事から
英語では「ファーストコイン」と 親しまれています。

和暦では縄文時代晩期です。
これは人類遺産と呼べる金貨ですね。
大英博物館に展示されていますが、まだ買えます!
個人でも所有できる世界遺産なのですよ~\(^o^)/
素晴らしいですね。

スポンサーサイト

ゴチッククラウン銀貨 

  ごきげんよう 

桜が美しく咲いていますね。
お花見は、されましたか?

私の自宅近くには、桜満開の公園が在り
毎日お花見気分で生活しております。

今日は「世界一美しい銀貨」の呼称で親しまれ
ている銀貨を紹介しますね。

コインの文字がゴシック体で描かれています。
個人的には、ゴチック体と言う方が好みです。

1847年 発行枚数は、8000枚
かの有名な「ウナとライオン」と同じ天才作家の
William Wyon作 ビクトリア女王肖像下部の
トランスケーション部分に作者のイニシャル
「W.W」が見て取れます。

1847年の品ですから、日本は江戸時代弘化4年
銀貨には色の黒い品が多いのですが、この
ゴチッククラウン銀貨は保管の状況でしょうか?
とても色白で美しいです。
裏のデザインも精密で、私は今日もウットリと
見入ってしまうのです

19世紀のイギリスの輝かしい時代を築いた
ビクトリア女王は64年という長きにわたって
君臨しました。
(1819-1910/在位1837-1910)

若く美しいビクトリア女王、
豪華な冠、衣装が見事です。


ゴシッククラウン表2

ゴシッククラウン裏2

次回は世界最古の金貨を紹介します。

 ごきげんよう 
プロフィール

黄金

Author:黄金
アンティークコイン(レアコインとも言う)に恋したSHOKOのコイン勉強日記です。どうぞ宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。